ヒップホップダンス

ヒップホップダンスについて

ヒップホップダンスは、中学校体育の授業で必須になりました。

 

もともとは、アメリカのストリートダンスから始まったダンスです。

 

ヒップホップミュージックに合わせて踊ります。

 

このダンスには、色んなダンスの基本が要素として取り上げられました。

 

最近の歌手が積極的に取り入れているダンスでもあり、おなじみです。

 

初期のヒップホップダンスは、ラップ・DJ・グラフィッティ・ブレイクダンスの4つのダンスから構成されていましたが、さらに色んな要素が加わり、今のダンスの形になりました。

 

しかも、完成形ではなく、未だに進化しているダンスです。

 

つまり、ダンスの要素をどんどん取り入れている現代音楽に向いたダンスですね。

 

基本的なステップは、ボックスステップ・チャールストン・サイドステップ・スネーク・ターンなどです。

 

それを組み合わせることで、ヒップホップダンスは、成り立っています。

 

洋楽はもちろんですが、JーPOPでも積極的に入っています。

 

日本では、1980年ころの大ヒット映画、フラッシュダンス以降、ストリートダンス・ブレイクダンスが流行、ラップミュージック+ヒップホップダンスを踊るアーティストも増え、今ではごくあたり前に定着しているダンスです。